桜のそばで

Date : 2009年01月18日

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.01.18[日] シフォン物語



先日こちらの方にシフォンケーキを贈らせて頂いた時に、同じお店で今週末にとある訪問先への手土産に持参しようと、自宅にも一緒に注文しておきました。届いた包みを開けると、ん?更にもう一箱、「ご家族でどうぞ」とのメッセージとともにChiffon Nobuhiroさんから頂いてしまいました。どうもありがとう~~~~。

久しぶりのNobuhiroさんのシフォンは、ふわふわでいてしっとりとして、家族みんなでおいしく頂きました。自分で作るとこのしっとりが難しい。。味はもちろん、「温州みかん」は、爽やかないい香り。「栗」は一瞬、洋酒の様な大人な香りが。「紅茶」は、予想を裏切らない豊かな香り。以下省略 笑

D4.jpg

こちらのお店がオープンした時にお花を贈らせて頂いたのですが、お返しにと頂いたのがこのコーヒーカップ。お店のカフェスペースでも使われているものだそうです。その頃、読んでいた本が「ハイコンセプト」ダニエル・ピンク著。本の中に、これからの時代は機能だけでなく感性、デザインなど右脳的能力が重要視され、「物語性」も大切というくだりがでてきます。お店でも使われているカップだなんて、「物語」を感じますよね。こういった事をNobuhiroさんと彼のお母さんは、経営につながる要素といった以前に、自然な心遣いとしてなされている様に感じます。
心の持ちよう、勉強させてもらっています。

スポンサーサイト

Copyright © risui

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。