桜のそばで

Date : 2009年07月

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.26[日] キューちゃん風レシピ

DSC00895.jpg

遅くなりましたが、この間写真をアップしていたきゅうりのキューちゃん風漬物のレシピです。

材料:
きゅうり6本、しょうが1かけ(なくても可。お好みで)
砂糖 大さじ5、塩 小さじ1/2、お酢 1/2カップ、酒 3/4カップ、みりん3/4カップ、醤油3/4カップ

きゅうりは1cmくらいの輪切りにします。しょうがは風味付けに千切りで。
鍋に調味料をすべて入れて沸騰したら、きゅうりとしょうがを入れます。再び沸騰したら火を止めます。
人肌程度に冷めるまで、放置。この後、3回くらい沸騰と放置を繰り返します。
荒熱が取れたら冷蔵庫で冷やして、翌日から食べられます。

初めて作った時は、きゅうりのキューちゃんが家でできた!と、ぷち感動した覚えが。パリポリと止められない止まらない状態に。

作り方は簡単ですが、火を点けたり消したりと、ちょっと時間がかかるので、他のお料理をしながら作るといいですよ!

スポンサーサイト

2009.07.21[火] 夏の風物詩・・・食べ物編


前日にトマトソースを仕込んでおいたので、今日は帰宅後にベンチタイムもおかない簡単ピザ生地を子供にこねさせて、あとはトッピングをのせて焼くだけのピザ作り。焼けたらベランダのバジルを好きなだけのっけて。

DSC00895.jpg
こちらは、クックパッドでレシピを見て以来リピートしているきゅうりのキューちゃん風漬物」。 2週間に1度くらいの割合で、夏、きゅうりが安い時期に一気に6本くらいを鍋で煮て作ります。
結構な量のきゅうりの輪切りをするので、半分くらいは子供の包丁の練習に。

DSC01919.jpg
実家の梅から作られた梅酢。夏に氷水で割って飲んでいます。うちでは私しか飲まないので、2L瓶は、なかなか減らない。。

2009.07.19[日] 寒空



DSC01909.jpg

今日は曇り空で海水浴には寒かった~。けど、前日から行く気満々の息子は、海の中へ。あまりに寒くて震えても海から出たがらず、途中で何度か温水シャワーを浴びつつ、海を満喫!?
私も子供の頃は寒くて唇が紫色になっても、海から出なかったと親によく言われたが、どうやら血は争えないらしい。。
とは言っても、紫外線が気になるお年頃(私)。今年からボードをする訳でもないのにラッシュガードを導入。ビタミンCも飲まなきゃいけないし、お肌も髪もお手入れしなきゃ。帰ってからも、あ~、忙しい??

家に帰って夕方、久しぶりに虹を見ました。シェイブアイスとレインボーつながり。

2009.07.13[月] 淡色系

先日、コンテナの花とともに他の鉢の入れ替え用に淡色のお花も購入しました。

DSC01869.jpg
ブーゲンビリア モーニンググローリー
ピンク以外にオレンジ色のブーゲンビリアもあるんですね。

DSC01874.jpg
オキシペタラム ブルースター

DSC01860.jpg
そしてコンテナに入れようと思ってミニ黒龍を購入するも、コンテナが既にいっぱいなので取り敢えずは鉢へ。

2009.07.12[日] やっとお手入れ

DSC01859.jpg

コンテナのネメシアとオステオスペルマムが虫の被害でどんどん枯れていき、花を入れ替えないとな~と思いつつ忙しさと子供→自分と体調を崩して、やっと今日お手入れができました。
再び働き始めてから、遂に子供理由で休む日が来たかと思っていたところ、どうにか回避。ホッ。

DSC01879.jpg
千日紅

DSC01882.jpg
アンゲロニア

DSC01885.jpg
他の鉢でずっと状態が良くなかったシュガーバインを1ヶ月ほど前にコンテナに移しておいたところ、こちらは虫の被害も受けず、復活。

2009.07.12[日] 収穫



DSC01855.jpg

実がついてから食べごろになるまで、あっという間の成長でした。
きゅうりの栽培は初めてでしたが、想像以上のおいしさでクラッカーほとんど子供のお腹におさまりました。
スーパーのきゅうりだと、スティックで食べるには板ずりしないと固くて食べづらいのですが、トゲが少ない品種の為か、新鮮さ故か、板ずりしなくてもOKでしたよ~。

Copyright © risui

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。